そうだったのか!水泳の魅力!

息継ぎの技術は実にに奥が深い

投稿日:

「息継ぎ 水泳」でググってみると
「クロールの泳ぎ方」とか「息継ぎのコツ」などなど
うまく息継ぎができない人達のためにどうしたら良いか
解説しているものが多くヒットします。

しかしここではそういったことではない
息継ぎの奥深さを話したいと思います。

 

スポンサーリンク

息継ぎしないと速くなるのは本当?

当たり前の話ですが人間は水中では息ができません。
ですから息継ぎをして泳ぐわけですが

単純に前に進むための動作
(「腕で水をかく」「脚で水を蹴る」)ではないので
必要悪な動作になります。

 

陸上の100m走で考えてみればわかりやすいかもしれません。
走っている途中で何度か横を向いていたら
どう考えても早く走れませんよね。

それと同じで水泳の息継ぎも余分な動作で水の抵抗も受けるので
速く泳ぐためにはその技術もとても重要になってくるのです。

 

スポンサーリンク

ノーブレスのメリット・デメリット

短距離の50m自由形では息継ぎなしで泳ぎきる選手も
しばしば見受けられます。

ノーブレスのメリットは息継ぎという余分な動作をなくす分
速く泳ぐことができます。

0コンマ何秒を争う世界ですから極限まで余分な動作を
排除することは当然です。

一方ノーブレスのデメリットは
筋肉中の酸欠によるスピードダウンです。

メリットは速く泳げることデメリットはスピードダウン?
矛盾していない?
と思われるかもしれません。

 

運動すると筋肉は酸素を消費します。
ですから呼吸を早くして体内に酸素を多く取り込もうとします。

ノーブレスにより酸素を取り込めない酸欠状態になると
筋肉中の酸素も低下し運動により発生した筋肉中の疲労物質を
取り除くことができなくなってしまいます。
そうなると疲労がどんどん蓄積されてしまい
筋肉が動かなくなる→スピードダウンとなってしまうのです。

要は無呼吸でも全力で筋肉を動かせるパワー体力があれば
速く泳げますが、そうでないと遅くなってしまう
ノーブレスは「諸刃の剣」といえます。

もう一つのノーブレスのデメリット

これは娘、息子が話していたことなのですが
ノーブレスをやると
「速く泳げるはず」「息継ぎしているより速くないとまずい」と
思い込んでしまい、結果
体に力が入りすぎて(硬くなって)
伸びのない泳ぎになってしまうとのこと。笑

まあそれは練習あるのみですよね!

 

スポンサーリンク

局面にあった息継ぎを選択

水泳をやらない見るだけの素人からすると
全く意識しない(注目しない)、目に入ってこない「息継ぎ」

でも泳ぐ種目や距離、レースの前半、中盤、ラストスパートなど
そのスピードやタイミングにより

ストローク4回に1回呼吸、2回に1回、毎回呼吸などを
使い分けているのです。

もちろん使い分ける技術や判断ができるように
毎日毎日の練習で身に付けていくものですが

「息継ぎ」は、想像以上に奥深いものなのです。

次、水泳のレースを見る時には
ちょっと注目してみてはいかがですか!

 

ではでは

  おすすめトピック


-そうだったのか!水泳の魅力!
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク