トップ選手はここが違う!

池江璃花子は異次元の世界で泳いでいるようだ

投稿日:

あなたはトップスイマーの泳ぎを
生で観たことはありますか?

 

2018年夏、高校関東大会に娘が
フリーリレーに出場したのですが
たまたま予選であのスーパー女子高生
「池江璃花子」選手のいる高校、
淑徳巣鴨と同じ組だったのです。

 

第一泳者、池江璃花子選手の泳ぎを観て

まさに驚愕でした!

スポンサーリンク

池江の泳ぐレーンだけ時空が歪んでいる?

泳ぎの速い選手は総じて
「速く泳いでいるように見えない!」と
分析している私ですが

関連記事↓
発見!泳ぎの速い人と遅い人の違い!

 

やっぱりその分析通り池江璃花子選手も
速く泳いでいるように見えません。

 

予選でしかも基準タイム内でフィニッシュできれば
インターハイに出場できるので
実際本当に力を抜いていたのかもしれませんが・・・

 

周りの選手がバシャバシャ(速そうに)
泳いでいる一方で
ゆったりとフォームを確認しているかのような
泳ぎの池江選手。

 

池江選手のレーンだけ時間の進み方が
違うような錯覚というか
違和感を覚えます。

スポンサーリンク

素人でもわかる泳ぎの違い?

上に記した通り
明らかに泳ぎが違うのです。

 

それは初めて水泳の大会を観た
素人観客でもです。

 

私の母(娘のおばあちゃん)が
高校最後の大会ということで
応援しに来てくれたのですが

 

そんな母が

 

「あの子(池江選手)だけ泳ぎが違うね!」っと

 

さすがにスーパー高校生です。

スポンサーリンク

トップスイマーはやっぱりすごい!

そんな高校生の枠を通り越して
日本には敵無しの池江選手。

 

しかし、まだまだ乗り越えていく
壁は多くあると思いますが

 

パンパシ・東京五輪に期待していきたいと思います。

 

って、記事を書いているうちに

 

パンパシ水泳が始まって
そしてご存じの通り

200m 自由形(1:54.85 NR) 2位 銀メダル

100m バタフライ(56.08 NR)1位 金メダル

女子 4×100m メドレーリレー(3:55.03 NR) 3位 銅メダル

混合 4×100m メドレーリレー(3:40.98 NR) 2位 銀メダル

 

素晴らしい結果を残してくれました。

 

世界のトップスイマーの次元に
完全に入り込んだ池江選手は

今後、世界次元で戦っていくことになります。

 

そして今までにない色々な
プレッシャーがかかってくるでしょう。

 

「東京五輪では必ずメダルを獲ってくれるはず」

「池江選手なら勝って当たり前」

 

そういったプレッシャーものみ込んで
勝てるのがトップ選手なのでしょうけど。

 

さあ、今後に、東京五輪に期待です。
フライングフィッシュのように!

怪我だけは
気をつけて欲しいものです。

 

ではでは

 

  おすすめトピック


-トップ選手はここが違う!
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク