水泳know-how(ノウハウ)

ジュニア選手の高速水着を選ぶ3つのポイント

投稿日:2017-07-01 更新日:

ジュニア選手なんだからFINA承認水着なら何でもいいんじゃない?!
まずはしっかり速く泳ぐことを考える方が先じゃない?!

こう言う考えも、ごもっともだと思います。

 

でも、子供が高速水着が欲しがるということは
道具(水着)にもこだわりを持てるようになってきた証拠だと思いますし
選手としての自覚が強くなってきたと、とらえてもいいのではないでしょうか?

 

では、ジュニア選手が高速水着を選ぶ際のポイントを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

とにかく試着!

高速水着は最初に買う一着目が肝心です。

間違ったサイズを選んでしまうとそのままの感覚でその後も間違ったサイズを選んでしまいます。

そうなると、せっかくの高速水着の性能を十分に発揮させることが出来ません。

正しいと思っている本人に間違っているという自覚はないかもしれませんが、
非常にもったいない話しです。

 

コンマ1秒を争う競技ですから「まぁ、いいや~」という感情は命取り!

とにかく試着しましょう!

 

近くにお店がないから通販で買うって?

ダメです!
遠くの店でも行きましょう!試着させてもらいましょう!

 

本気なら出来るはずです。笑

 

 

 

サイズ表記に惑わされるな!

ジュニア選手でも各自の体格はまちまちですが、
サイズはS3SXSとか身長表記の130140150あたりになると思います。

ただ靴や洋服と同様にメーカーや水着ごとに大きさはそれぞれちがってきますので
実際に着けてみないと、自分の身体に合っているかどうかわかりません。

高速水着は身体を締めつけることでからだ表面に受ける水の抵抗を減らしています。
なのでゆるめサイズはもちろん、水が水着と身体の間に入ってきてしまうようなサイズでは
もはや高速水着を着ている意味はなく、高速水着の性能を無駄にするだけです。

 

また、水の中では水圧で身体が縮みます。
水着が伸びるのではなく、身体が縮むのです!

 

ですから高速水着をきて痛いとか身体が動かない、気持ち悪くなるなどの症状がない限り

着られるならサイズはきつければきつい方がより良いのです。

 

ちなみに小学6年生(執筆時)の息子は自分の身長に近い150を最初に試着

店員さんに確認してもらったところ
「全然大きい」「140でいい」「もしはけるなら130でもいい」と言われ、

 

結局、なんと130がはけました!

 

スポンサーリンク

 

 

成長期なので機能と価格のバランスを考える

ジュニア選手(小学生~中学生あたり)は成長期のど真ん中で
身体もどんどん大きくなる子も多いでしょう。

一度しか着ていない水着も次に着ようとしたら身体が大きくなって
まったく着られないなんてことも起こり得ます。

上で記したようにその時の体格にジャストフィットしたものでないと
意味がない高速水着です。

 

しかし、高速水着(特にトップモデル)は一般的な家庭にはそれなりに高価な買い物です。

お金が有り余っている大金持ちでない限り、そうそう何着も購入することは出来ません。

 

ですから、高速水着のグレードと価格のバランスを考慮して
高速水着を使う子供と、お金を出す親の両方が納得したものを選びましょう。

アリーナの高速水着(レーシングスイムウエア)では
非常にわかりやすいグレード分けをしていますのでご紹介します。

 

ちなにみamazonリンクが貼られていますが
決してそこから購入しないで下さいね。笑

とにかく試着が大事ですから!

ウェブで購入して良いのは以前に試着→購入したことがあって
また同じ水着を購入する時だけですからね!

 

1.アクアフォースライトニング

全国大会決勝を目指す人

 

2.アクアフォースフュージョン

目指せ全国大会出場

 

3.エックスパイソン2

FINAモデルで試合に出場

 

4.アクアレーシング

FINAモデルで試合に初出場。自分のペースで試合を楽しむ人

 

アリーナwebサイト
http://www.arena-jp.com/products/racing/

 

気になるお値段は、トップモデルで約24,000
一つグレードの下がったアクアフォースフュージョンは約9,000

ワンランク下がっただけでもかなり価格は違います!

 

 

まとめ

とにかく1にも2にも試着をして子供の身体に合ったものを選びましょう!
それ以外にないと言っても過言ではありません。

高い買い物が無駄にならないように。

 

高速水着に限ったことではありませんが、使えば使う程その機能・性能は劣化していきます。

店員さんの話によると(ざっくりとした話しでデータを表示された訳ではありませんが)

10回位までの着用で、なだらかな性能劣化が進み、10回以降ガクンと性能は落ちるとのこと。

水着自体も伸びてくるので、そのあたりを目安に買い換えを検討した方がいいと言っていました。

 

道具を使うスポーツでは長年使っている道具は身体に馴染んできたとか
身体の一部になるとか言いますが

高速水着は「着心地や着やすさ」と「性能や機能の高さ」が相反することかもしれませんね。

 

P.S.

お父さんお母さん必見!

お子様には読ませないように・・・

経済的にきつい場合のテクニック

子供はトップモデルは自分にはまだ早いと謙遜しつつも
実はトップモデルを着て速く泳げている自分を想像しています。

親としても買ってあげたい気持ちもありつつも

「身体が大きくなったら1回しか着られない場合もあるよね」
「もったいない!」というのも本心。

 

その場合
グレードの高い高価なトップモデルから試着させましょう!
その後徐々にグレードを落としていきます。なぜなら

試着ってめちゃくちゃ疲れますよね。
女子の場合は普通に15分以上かかりますから、体力をどんどん消耗します。

3~4着目あたりから「もうこれでいいよ~」となります。笑

 

ただ、ポイントは必ずトップモデルは試着させましょう。
トップモデルを試着しないまま別の水着を購入すると
子供は後ろ髪を引かれモヤモヤした気持ちのままで店を後にすることになり

スッキリ納得しません。

 

絶対トップモデルを買うんだと決めている子には効果はありませんが

是非お試しあれ。

結果トップモデルを買うことになっても責任は持てませんので!笑

 

ではでは

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  おすすめトピック


-水泳know-how(ノウハウ)
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク