トップ選手はここが違う!

萩野公介のモーターボート泳法とは?

投稿日:2016-11-03 更新日:

morterbort

【NHKスペシャル 金メダルへの道 水の王者は俺だ〜萩野公介と瀬戸大也〜】

の中で紹介されていた萩野公介のモーターボート泳法とは?

 

入江陵介選手に関するブログの中で
笹舟泳法というものを紹介しました。↓

世界一美しい背泳ぎ 入江陵介を丸裸!

スポンサーリンク

今回は

萩野選手のモーターボート泳法!

 

入江選手は背泳ぎですが、萩野選手はクロールでの泳法です。
これは萩野選手が速く泳げる要因となっているのですが

 

その正体は
体をより水面から上に浮かして泳ぐ方法です。

体が水面から出ている分、水の抵抗を減らすことになりより速く進むことができるのです。

萩野選手は泳ぐ時の重心(腰)の位置が一般の人と比べて5cmほど高くなっています。

これは、手で水をかく時に一般の人と違いがあるのですが

 

それは

 

水をかき始める時まず、水をしっかりつかみ
“真下に押し込む” ことです!

↑ここがポイント

 

この“下に押し込む”力は、80kgくらいになるそうです。

 

つまり
下に押し込む反動で体の位置がより高くなり→水面から体が出る(浮く)→水の抵抗が減る→

 

(モーターボートのように)速く進む!

ということになるのです。

 

当然、筋力や体全体の動きのバランスが取れていなければ
簡単にできることではないと思いますが

 

それが、できるのが萩野選手なのです。

 

それともう一つ
萩野選手の速さの秘密は

乳酸値!

泳いだ後に測定した乳酸値は一般のアスリートに比べ

倍以上!

このことが意味するのは
萩野選手は激しい運動を他の人より長く続けられるということです。

激しい運動をすると筋肉に乳酸が溜まっていきます。

 

例えば一般のアスリートが乳酸値10溜まるとこれ以上運動すると筋肉が
「壊れちゃうよ〜」「危険だよ〜」と脳が指令をだし、運動を抑制します。

 

一方、萩野選手は

乳酸値が20溜まるまで脳から指令が出ない
→他の人より疲れるまでの時間が長い=長く激しい運動が続けられる
となるのです。

 

スポンサーリンク

 

萩野選手の速さの秘密を

まとめると

  • モーターボートのように上体を浮かせ水の抵抗を減らす泳ぎができる
  • 人並み外れた乳酸値で疲れにくい身体をもっている

ということになりますが、これは萩野選手の

生まれ持った天性と妥協しない猛練習のたまものなのです!

 

参考になったでしょうか?

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

ではでは

 

 

もしあなたが、あなたのお子さんが

努力はしているけど思うように自己ベストを更新できない!

以前は自己ベストを更新できていたのに、伸び悩んでいる!
大きな壁にぶち当たっている!

 

と感じているなら

 

今一度、ストリームライン(姿勢)を確認してみては
いかがでしょうか?

 

詳細を確認する↓

水泳ストリームライン改善プログラム~理解して上達できる「姿勢」トレーニング~

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  おすすめトピック


-トップ選手はここが違う!
-, ,

執筆者:


  1. […] 関連記事↓萩野公介のモーターボート泳法とは? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク