水泳know-how(ノウハウ)

水泳は体重が重い方が有利なのか?不利なのか?

投稿日:2016-11-08 更新日:

taijuu_omoi

スポーツで体格によって有利だったり、不利だったりすることは
当然のようにあります。

 

水泳も例外ではありませんが、
実際のところ、どうなのでしょう?

スポンサーリンク

 

身長は高い方が有利!

身長が高ければ、腕も長い=多くの水をかくことができる!

また、コンマ1、2秒を争うレースで指先の差で勝敗が分かれることなど
ざらにあるものです。

世界のトップ選手には身長が190cm以上なんて普通にいますからね。

なので、やっぱり身長が高い方が断然有利になるのです。

 



 

一方、体重の方はどうでしょう?

水泳では適正体重はない!

体重に関しては、軽い、重いで

有利だとか不利だとかは、ありません!

もちろん、痩せ過ぎていればパワーが出ないかもしれませんし
太り過ぎていれば、キレのある動きができにくいと思います。

 

太っていると場合によっては脂肪のたるみで
水の抵抗が余計にかかってしまうことも考えられます。

自分の身長に合った適正な体重を見つけていくしかありません。

 

まとめると

身長は高い方が断然有利!

体重は軽い重いで有利不利はないが
自分の適正体重を見つける必要がある

ちなみに、
私の息子(小学5年生:この記事執筆時)は
背の高さは普通ですが、体重が若干軽い。

正直、見た目はヒョロヒョロです。

同じスイミングクラブの同学年の子でも

息子と同じように痩せていたり、逆に、太っている子もいますが
速く泳げる子はいます。

もちろん体重だけの問題ではないのですが・・・

 

今の段階で息子の身体のことを心配することは何もないのですが

とにかく、よく食べて、よく寝て大きな丈夫な身体に
なってもらいたいものです。

 

アミノ酸やプロテインも上手く活用してみるのも良いです!

関連記事↓
プロテインを飲まない理由はない!

そうすれば、水泳の記録も伸びていくことでしょう!

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。
ではまた

  おすすめトピック


-水泳know-how(ノウハウ)
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク